ロレックスの新作のカキ式の恒は深く潜む型の腕時計に動きます

ロレックスの新作のカキ式の恒は深く潜む型の腕時計に動きます

営業時間
現在位置: トップページ > ブランド最新情報 > ロレックスの新作のカキ式の恒は深く潜む型の腕時計に動きます
ロレックスの新作のカキ式の恒は深く潜む型の腕時計に動きます ロレックスは新作のカキ式の恒にロレックス深く潜む型の腕時計に動くように出します。新作は44ミリメートルの表す殻によく合って、耳を表しておよび、改めて設計するを通じて(通って)殻の両側を表して、増大するカキ式の腕時計のバンドは全く新しいサイズのプライのカキ式を添えて安全で差し引きます。この専門のダイビングの腕時計は初めて表を作成する技術のリードする3235型のチップを搭載します。 新作のカキ式の恒がロレックスに動いて深く潜む型がカキ式の鋼(Oystersteel)で製造して、D―blue色(濃い藍色の漸進的変化が真っ黒だまで(に))の時計の文字盤によく合います。2014年、ブランドはこの時計の文字盤を出して、深海に探険(DEEPSEACHALLENGE)に挑戦して敬意を表します。 すべてのロレックスの腕時計が全く同様で、新作のロレックスは深く潜む型の腕時計は超卓天文台を獲得して精密な時計算して認証して、腕時計がつけるのを保証する時発揮して卓性能を超えることができます。 新作のロレックスは深く潜む型の腕時計は新世代の3235型のチップを搭載して、このチップがすべてでロレックスのから製造を研究開発して、全面的に卓の表を作成する技術を超えるのとロレックスの革新技術を体現しています。精密で正確で信頼できる、動力備蓄物、震災を防いで磁気を防ぐおよび便利な使用の各方面、この自動的に上で鎖のチップが更に根本的にある程度、を高めるのが臻まで(に)着く良いです。このチップはロレックスの新型の特許Chronergyを配置して捕らえてシステムを跳躍します。新しくシステムを捕らえてたとえニッケルの燐で製造するのでも、高い効率だけではないがの信頼できて、その上磁界干渉を受けません。空中に垂れる糸に順番に当たるモジュールを並べるのは腕時計の心臓部品で、ロレックスの青いParachrom空中に垂れる糸を配備しました。この空中に垂れる糸はロレックスの鋳造したのが独特なから磁気合金に沿って製造して、震災を防ぐ力は更に伝統の空中に垂れる糸の高い10倍に比べて。ロレックスの粉が閉じ込めて空中に垂れる糸がいかなる位置で依然として規則を維持することができるのを確保します。 ロレックスは深く潜む型は一方の回転する外側のコースを添えて、外側のコースの上で更に黒色Cerachrom陶質の60分の目盛りの字の小屋を配備して、潜水夫に海底で潜水をと掌握して時間を減圧することができます、ダイビングが安全なことを確保します。ロレックスの特許Cerachrom字は閉じ込めてきわめてかたいしかも腐食しにくい陶磁器で製造して、吹きにくいのが損で、たとえ紫外線照射だを通じて(通って)としても色褪せることはでき(ありえ)ないです。数字は目盛りとプレス型の技術を採用して陶磁器の外側のコース上で刻んで、そしてPVD(PhysicalVapourDepositionで、物理蒸着法)技術はプラチナの金をめっきします。外側のコースの歯辺は外側のコースが回転するのに都合よくて、つまり潜水夫手袋を持っていて、ダイビング時間を設定するのにも便宜を図ることができます。 http://www.jpan123.com/ http://www.jpan123.com/RolexWatch.html
Copyright © 2015 | www.jpan123.com スーパーコピーブランド | All Rights Reserved.
禁無断複製、無断転載。このホームページに掲載されている記事写真図表などの無断転載を禁じます - Sitemap.xml -